ウェブページ

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

最近のトラックバック

Amazonウィジェット

無料ブログはココログ

« 縫い物もたまにはします。 | トップページ | 今年も再びこの季節 »

2020年5月12日 (火)

オンラインクラスから約一月

今日はヨガの話。

もともと埼玉で通っていたヨガのスタジオ。
教えてくれているのは、私の同級生。
そんなこともあって、こちらに引っ越した後もラインでやりとりしたり
埼玉に帰省した時は必ずマイマットを持って戻って、少なくとも1日はクラスに参加したり。
交流が続いていました。

先日のブログにもあげたけど、彼女がオンラインクラスをやりたいから
私にお試しクラスを受けてくれないかと連絡があって、
オンラインクラスの立ち上げを少しお手伝いしました。
これが、4月10日頃の話。
だから今日で、ちょうどひと月くらいかな。

オンラインのクラスの最初の頃は、全然体を動かせてなかったからすごく筋肉痛。
ヨガも、帰省のたびに通っていたとはいえ、年に2回か3回がいいところだから、
ポーズだったり、流れだったりに慣れてくるまでにちょっとかかった。

でも2週目、3週目に入ったところから、体が明らかに慣れてきて
自分の体と少しづつ向き合えるようになってきて
ああ、このポーズの時はつい頑張り過ぎて、呼吸がおろそかだな、とか
そうだった、私は右股関節があまり動きが良くないんだった、とか。

そんなこんなしてくうちに、ひと月。
ふと一番大事だった、そして忘れてしまっていたことに突き当たりました。

ヨガは自分を何かになろう、何かに変わろう、というものではなくて
自分を知って、そしてそれをそのまま受け入れていこう、というものだったって。

きちんとヨガを学んだ方たちなら、もしかしたらそれは違うよ、ってこともあるかもしれないけれど。

私にとっては、それがとても大事なことだったんだったって。
ようやく、思い出しました。

私はつい、こうしよう、ああしよう、こうなったらいいな、ああなったらどうしようって
いつも色々考えすぎるきらいがあって
仕事をしている時は、それがうまくハマれば一緒に働く人とお互いに気持ち良く働けるんだけど
対自分に対して、そうやって考え出すと
できないことへの責めだったり、理想の自分へとの乖離で嫌になってしまったりで
抜け出せなくなったりします。

でもヨガを始めて、ヨガのポーズや呼吸を通して、
「手放す」ってことを教えてもらいました。
なりたい自分、できない自分、それを変えようとするのではなく、ただ見つめるということ。
もやもやを手放す。

それを、彼女のスタジオに通っている間に教えてもらっていたんだったって。
オンラインクラスを受けている間に、ようやく思い出せました。

間が空くと、どうしても体が思うように動かないだとか、終わった後の筋肉痛の嬉しさだとか
そんなことに考えが向きがちになってしまって
そんな風にしているうちに忘れちゃってたんだなあと。


世の中がこんな風じゃなかったら、きっとオンラインクラスもなかったろうし
きっと私のことだから、ヨガに教えてもらった私にとって大事なことを思い出すこともなく
過ごしていたんじゃないかなと思っています。

世の中の悲しいことばかりに向きがちになってしまうから、
嬉しいことを探すことも大事かなと思っています。
もしかしたらそれは、みんなが共感できるものかもしれないし、とてもパーソナルなことかもしれないし。

このヨガに関してはとってもパーソナルだな、と思いますけども💦
でも、私にとって「うれしかったこと」です✨





« 縫い物もたまにはします。 | トップページ | 今年も再びこの季節 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。