ウェブページ

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

最近のトラックバック

Amazonウィジェット

無料ブログはココログ

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

2020年5月22日 (金)

今年も再びこの季節

岩手でもだいぶ暖かくなってきたので
(というのもGW前は本当に寒くて霜注意報が出るくらい💦)
今年もベランダで家庭菜園始めました。

今年のラインナップはこんな感じ
Img_5942

写真奥から、トマト、シソ、ナス、ピーマンです。

去年ナスがうまく育たなくて今年はもうやめてしまおうかとも思ったんだけど、
やっぱり収穫できた野菜でタイカレーとピザはやりたいんで✨
このラインナップになりました。

そして、今年はつるバラのモーツァルトが本当に元気。
Img_5938
埼玉にいた時よりもずっと枝をたくさん伸ばしてお花も今月中には咲いてくれるんじゃないかな。
ここの環境が気に入ったみたい✨

Img_5941Img_5940
春になると元気を取り戻してくれる多肉とラベンダー。
ラベンダーはかなりもっさりしてたのに、とうとう一つの枝しか残らなくて
上の方だけに葉っぱも花芽もつくんだけど
こういうのってどうしたらいいんだろう。
切り戻したらいいのかと思ってやってみたんだけど、結果この一つだけになっちゃった💦

Img_5937d
あとは毎年新しい株を買ってくる羽目になる、ローズマリー。
一年草じゃないはずなんだけどな。
それと、今年はパセリ。

本当はスイートバジルが欲しかったんだけど売り切れてた。
また今度見かけたら買う。

Img_5939
それとこのクリーピングタイムも元気。埼玉から連れてきた中で本当に優秀。
なんとか東北の寒さも超えて、毎年ちゃんと花を咲かせてくれる。
多分、あとちょっとでお花咲くんじゃないかな

あとはおまけ。
Img_5949
初めてシナモンロールを焼いてみました。シナボン風にしたくて、
クリームチーズを混ぜたシュガーを上から塗ってます。

昔働いてたモールにシナボンとビアードパパが入ってて、
そこの前を通るのがいつも辛かったな。お腹空いちゃって(笑)


2020年5月12日 (火)

オンラインクラスから約一月

今日はヨガの話。

もともと埼玉で通っていたヨガのスタジオ。
教えてくれているのは、私の同級生。
そんなこともあって、こちらに引っ越した後もラインでやりとりしたり
埼玉に帰省した時は必ずマイマットを持って戻って、少なくとも1日はクラスに参加したり。
交流が続いていました。

先日のブログにもあげたけど、彼女がオンラインクラスをやりたいから
私にお試しクラスを受けてくれないかと連絡があって、
オンラインクラスの立ち上げを少しお手伝いしました。
これが、4月10日頃の話。
だから今日で、ちょうどひと月くらいかな。

オンラインのクラスの最初の頃は、全然体を動かせてなかったからすごく筋肉痛。
ヨガも、帰省のたびに通っていたとはいえ、年に2回か3回がいいところだから、
ポーズだったり、流れだったりに慣れてくるまでにちょっとかかった。

でも2週目、3週目に入ったところから、体が明らかに慣れてきて
自分の体と少しづつ向き合えるようになってきて
ああ、このポーズの時はつい頑張り過ぎて、呼吸がおろそかだな、とか
そうだった、私は右股関節があまり動きが良くないんだった、とか。

そんなこんなしてくうちに、ひと月。
ふと一番大事だった、そして忘れてしまっていたことに突き当たりました。

ヨガは自分を何かになろう、何かに変わろう、というものではなくて
自分を知って、そしてそれをそのまま受け入れていこう、というものだったって。

きちんとヨガを学んだ方たちなら、もしかしたらそれは違うよ、ってこともあるかもしれないけれど。

私にとっては、それがとても大事なことだったんだったって。
ようやく、思い出しました。

私はつい、こうしよう、ああしよう、こうなったらいいな、ああなったらどうしようって
いつも色々考えすぎるきらいがあって
仕事をしている時は、それがうまくハマれば一緒に働く人とお互いに気持ち良く働けるんだけど
対自分に対して、そうやって考え出すと
できないことへの責めだったり、理想の自分へとの乖離で嫌になってしまったりで
抜け出せなくなったりします。

でもヨガを始めて、ヨガのポーズや呼吸を通して、
「手放す」ってことを教えてもらいました。
なりたい自分、できない自分、それを変えようとするのではなく、ただ見つめるということ。
もやもやを手放す。

それを、彼女のスタジオに通っている間に教えてもらっていたんだったって。
オンラインクラスを受けている間に、ようやく思い出せました。

間が空くと、どうしても体が思うように動かないだとか、終わった後の筋肉痛の嬉しさだとか
そんなことに考えが向きがちになってしまって
そんな風にしているうちに忘れちゃってたんだなあと。


世の中がこんな風じゃなかったら、きっとオンラインクラスもなかったろうし
きっと私のことだから、ヨガに教えてもらった私にとって大事なことを思い出すこともなく
過ごしていたんじゃないかなと思っています。

世の中の悲しいことばかりに向きがちになってしまうから、
嬉しいことを探すことも大事かなと思っています。
もしかしたらそれは、みんなが共感できるものかもしれないし、とてもパーソナルなことかもしれないし。

このヨガに関してはとってもパーソナルだな、と思いますけども💦
でも、私にとって「うれしかったこと」です✨





2020年5月11日 (月)

縫い物もたまにはします。

GWみなさんはいかがお過ごしでしたか?
私は相変わらず、自宅で料理したり、編み物しながら映画を観たりしていました。

で、今日は久々に縫い物。
以前、ハワイに行った時にホールフーズマーケットで買ったエコバッグ。
Img_5926

綿麻の布製で、たくさん入るし気に入って使っていたんだけど、ポケットがないのが難点。
というわけで、自宅にあった余った布でポケットをつけようかなと。

Img_5928

我が家にミシンはあるんだけど、古くてもうちょっとでも厚手の布は縫えず。。💦
というわけで全て手縫いしております。
ちなみに、余っていた布というのは家族が着なくなったシャツ。
実はこれシャツの袖の部分です。
袖のボタン、そのまま活かしたら可愛いかなと。

そして、切り落としたカフスの部分は
Img_5929
バッグの内側、横、底の方に取り付けました。
これ何するかっていうとペットボトルホルダーのつもり😃
バッグの中でゴロゴロ転がるのが好きじゃなくて、これ取り付けてみました。

これでこのバッグも使い勝手が上がりました。
玄関で鍵を探したり、スマホを焦って探したりしなくて良い✨

そもそも、何でシャツの袖が余っていたかというと。。
Img_5935
先日、座布団カバーをシャツで作ったから(笑)

カバーは洗濯できたほうがいいから取り外しできるようにしたいなあ。

チャックやボタンをたくさんつけるのは面倒だなあ。

あ、このシャツ、着せられないかなあ。

あ!ぴったりだった

というわけです。
お裁縫ちゃんとやる方にはとても見せられないけどね。
ちなみに、このボタンが付いているほうが裏面になります。

みなさんもやってみたらって言おうと思ったけど、そもそもシャツのサイズがめっちゃ大きくないとできないのよね💦
クッションくらいなら応用できるんじゃないかなと。










« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »