ウェブページ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

Amazonウィジェット

無料ブログはココログ

« 今日だよ〜〜〜〜! | トップページ | 立派な冬瓜とスマホケースと風邪 »

2017年9月 4日 (月)

本当にありがとうございました〜!

昨晩、無事バースデーワンマン、終了することができました。
見に来てくださった方、お祝いのコメントくださった皆様、
本当にありがとうございました。

自分としてはあっという間のライブで、本当に楽しく歌わせていただきました。
いつもの通り、セットリスト、お届けします。

Layna Birthday One-man Live   guest : 洪 栄龍
セットリスト
1 Time
2 汽車
3 Dance with me
4 my pity cat
5 それはスポットライトではない(cover )
6 The rose(cover オリジナル日本詞)
休憩
7 Joga(cover)
8 プラトニック
9 カントリーボーイ(cover)
10  ロックギタリストの娘 newshine
11  あお空
12  恋
13  たどり着いた場所は
14  スカート
本編終了
AN  You've got a friend(cover)

いくつか補足すると、
「それはスポットライトではない」のオリジナルはBarry Goldbergで私のルーツの一人、
Carol Kingの元カレです。
それを浅川マキさんが日本語詞に訳して歌ってらっしゃったもののカバーです。

「The rose」はご存知の方も多いと思いますが、
Bette MidlerがJanis Joplinをモデルとした
映画の主題歌となった曲です。
今回は私の言葉で日本語に訳して歌わせていただきました。


「Joga」はアイスランドの歌姫、Bjorkの曲です。
代表曲と言っても過言ではないかなと思いますが。。。私が大好きな歌い手の一人です。
私なりの思いがあって、この曲をチョイスしました。
きになる方は訳詞を探してみていただくと、この曲の背景も少し見えると思います。


「カントリーボーイ」は私の父 洪 栄龍のソロアルバム「目覚まし時計」の中の一曲。
柔らかい情景に惹かれて昔から好きな曲でした。


「ロックギタリストの娘」は今回のために書き下ろしたブルースナンバーです。
私の生い立ちや、私自身のことをちょっと父親に毒づいた(笑)目線で書いた一曲。
これはなかなか一人でやる曲ではない気がするので、レアナンバーになるかな。


「You've got a friend」アンコールで歌ったこの曲はCarol Kingの超有名曲。
(もちろん、James Tyler
バージョンも有名ですね)
あえてこの曲はピアノを弾かずに、父に弾いてもらってエレキ一本で歌いました。

補足、終了。(笑)

ライブに来てくださった方はどの曲が印象に残ったでしょうか?
何か一曲でも皆様の心に残れば本当に幸いです。

ライブのはじめに「TIme」で歌いましたが、

再び会えた夜に喜びを

の一節がしっくりくるような、素敵な再会も沢山ありました。
そして、

偶然の出会い 必然の出会い 一つ一つ

私は今後とも大事にしていきたいと思います。
本当に素敵な夜を皆様ありがとうございました。

最後に、昨夜の私のささやかな乾杯と、出番前の楽屋で撮ったレアな一枚と
私の大事なポリシー、直筆セットリストを。
Img_4210

« 今日だよ〜〜〜〜! | トップページ | 立派な冬瓜とスマホケースと風邪 »

コメント

アンコールで、この曲が好きだった死んだ友人を思い出させてくれて、懐かしかったです。
お父さんのギター一本で歌ってくれたのが心にしみました。
その友人を思い浮かべながら、曲の後半で一緒に歌い出したら、
洪さんもハモリだしたので「俺の方がうまいや」なんて思っちゃった。 バドハニーロズ


何を言っているのでしょう。すんげえ音痴なのにィ。
思いを馳せるの大賛成。
具現化することばかりでしかもスピーディにを要求しがちだけど、
正解なくずっとほとんど妄想のように思いに漂い酔いしれて…が好きですね。
私は、表情が見たくていつも真正面に座ります。
やっぱり来て良かった。かっこよかった。 ベティディぶス

>バドハニーロズ&ベティデイぶスさん

いつも本当にありがとう。
私にとって、本当に特別なライブになりました。
見に来て貰えて本当に嬉しかったです!

you've got a friend はピアノ弾き語りがオーソドックスな
アプローチかもしれないけれど、
あえて父の伴奏で歌いたかったのです。
幼い頃、父の伴奏でめちゃくちゃなオリジナルを歌っていたことや、
父が沢山の歌い手さん達の伴奏をしてきたことを見てきたことも
歌詞の内容のことも
全て考えた上での決断でした⭐️

そうやって、客席の皆様が、色んな聞きかた、受け取りかたをして
下さることを本当に幸せに思います!

父が歌うのは想定外でしたが、父は父なりに何度も感極まりながら
歌ったので、ちょっとおかしくなった、
と言っておりました(笑)


私はたぶん、想いを馳せる、ということがとても好きなんだと思います。
思う、というよりもある意味では軽く、ある意味では重い、
この言葉がしっくりくるなと思ってます。

きっと、本当のことや、人の心みたいなものは、
完全に理解することは出来ないかもしれない。
でも想いを馳せる、ことはできるなと。
わたしは常にそのスタンスです✨

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530379/65750814

この記事へのトラックバック一覧です: 本当にありがとうございました〜!:

« 今日だよ〜〜〜〜! | トップページ | 立派な冬瓜とスマホケースと風邪 »