ウェブページ

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

Amazonウィジェット

無料ブログはココログ

« 2017年5月 | トップページ

2017年6月

2017年6月17日 (土)

間違いを正す。穴を埋める。

はい、またプチDIYの話題です。
(笑)
だって、やり始めたら本当にツッコミどころ満載なんだものcoldsweats01

え〜、今回のお題は「コンセントの位置を変え」ようと思ったところから始まります。
アメリカンハウス、電気の取り回しがかなりシビア。
古いお家はみんなそうなのかな。結構コンセントは欲しいところにはありません。
なので、かなりの延長コンセントをしながら欲しいところにひき回します。
(ここまでは普通。)

このお家も同じようにコンセント延長しております。
Img_3843

私も、ここのコンセント結構欲しい位置にあって、良いなと思ってたんですけど、
この前にソファがあって、ちょっと使いづらいので位置をあげようと思いました。
で、前から気になっていた、「ビニールテープ」、なんだろうね。
剥がしてみたら
Img_3844
前のカバー部分(ていうの?)が落ちました。ぽろっと。coldsweats02
つまりこのブニールテープで接着してたわけ。(おいっ)

でも、この落ちたカバーの方の中央にネジがついてるってことは。。。
Img_3845_2
ですよね。外カバーを外せば、ネジが出てくるから
これで本体と止めて、カバーをつけるだけだと思うんですけども。。
わからなかったのかなあ。

Img_3848
ちなみに、コードもコンセントからあちこちでこんな風に縮めてあります。
これよりもっと凄いのは
Img_3847
ガムテで縮めてあります。縮め方は技ありだと思うけど、ガムテはゴキちゃんが好きなので
あんまりよろしくないですよね。
(これを気にせず10年放置してた私にも問題はあるけど。)

というわけで、これを機にすべての問題点を正します。
まず、この無駄にあっちこっちで縮めてあるコードを見えないところで束ね直します。

。。。

と、たどっていったら、見つけました。

Img_3849
得体の知れない穴、空いておりますsweat01
実はここの前に靴箱を置いていた関係で気がついてなかったのです。
幸いドライバーを突っ込んでみたら、外壁だろうと思う壁に当たったので、
前回のように外から虫ちゃん入り放題ではなかった。

とりあえず、ここをふさぎます。
Img_3850
余った木を前回と同じ要領でカット、削ってハンマーでねじ込んでいきます。
結構ギリギリだったから今回はボンドはいらなかった。
紙やすりをかけて平らにしたら
Img_3851
色を塗ってやって完成。
この写真だと目立ちますけど、実際だとほとんどわからないくらい。

その後、コードをしっかり良い長さにして
途中たるまないように押さえも打ちながら。。

Img_3852

良き高さに付け替えました。
ちなみに、最初の写真ではわかりにくかったのですけど、
このコンセント、そもそも上下が逆で柱についていて、
さらにカバーを本来の(上下の)向きにつけようとしてたもんで
そりゃはまらないよsweat01(だからビニールテープかっ!)
さらに、カバーと本体を止めるネジも途中で折れてたことが判明。
(長さが全然足りてなかったからこれも止まらない)

なので、それもちゃんと正しました。
Img_3853

ちなみに、激落ちくんでちょっと磨いてやりました。
(色でも塗ってやろうかと思ったんだけど、ま、いいかと)

とりあえず、今回のプチDIY。
本当ならこんなに時間がかかるわけないんだけど、ね。
でも、こんな感じでちょっとづつ直していこうかなと。
せっかく自分たちの好きにできる家なんだから。

2017年6月 9日 (金)

DIYの小さいものと大きいもの。その2。

記事が長くなっちゃったので、分けることにしました。
その2ね。

3<雨どいをつける>

これは結構、私の長年の悲願でした。
下の写真を見てもらうとわかるかもしれないですが、
玄関の屋根の形状が手前と左右に雨が落ちる形。

Photo

矢印で示したように、雨が降るとポーチの内側に雨が入ってくるわけです。
多分、本来のポーチの屋根はなかったか、別な形だったと思うんですが、
今の屋根を取り付けた際に玄関の屋根と、家全体の屋根の間にポーチの屋根を設置したので、
ポーチの屋根があるにも関わらず、四角で囲った部分は雨ざらし。
置いてあるものもみんな錆びたり、腐ったりしてしまうので、
とても嫌だったのです。
というわけで、玄関の屋根に雨どいをつけます。
(もともと、これがやりたくて、玄関の前の木を切ったwink

Img_3829
まず、一番下に取り付ける雨どいの金具をつけて、
取り付けたネジの位置に麻ヒモを結びます。
その紐をピンと張りながら、一番最初の場所まで持っていきます。
Img_3830
ちょっとわかりづらいけど、これで一番最初の高さが出せます。

雨どいは傾斜が付いてないと雨が流れないもんね。
この方法はネットで調べて、参考にしました。これ、結構便利。
あとはこの麻ヒモを目印にして、支えの金具を取り付けていくだけ。

Img_3832
あとは、雨どいを長さに合わせてカットして、コーナーのパーツと合わせて取り付け。

Img_3831
集水器の穴あけも、ネットに書いてあったので、参考にして上手に開けました。
写真、撮り忘れちゃったけど。(笑)

あとは、元々付いていた竪樋につないで、
Img_3836
ちょっと、わかりづらいけど、つないだところ。
これで、出来上がりshine

ようやくこれで、ポーチの中も手をつけられます。
そして、写真には写ってないけども、少しづつ外壁の白い部分も塗り始めております。(笑)

曲を作ったりしてても、行き詰まることが多々あるので、
こうやって何にも考えないで何か作ったり、直したりするのは楽しい。
私は結構、こういうの向いているみたいです。
(血ですかねcatface
また、時々、アップします。

DIYの小さいものと大きいもの。

とうとう、梅雨入りしましたね。
5月後半から6月にかけて、マメマメしたことを色々したので、
まとめてアップ。

1<壁の穴を閉じる>

開いてたんかいっって言われそうですが。。coldsweats02
先日塗りだした窓の縁をグリーンに塗る作業を続けていたら、気になったんですよね。コレ↓
Img_3803_2
なんだろうなと。
で、引っ張ってみたら。
Img_3801_1
やばい。家の中見えてます。(苦笑)

こりゃ寒いわけですよ。(ちなみに出ていている線はテレビと、ランプ(なぜ?))
で、詰まってた方はというと
Img_3802
やばくねっ!これ、開けた穴を塞ぐのに新聞紙を丸めて突っ込んで、さらに
そのまま外壁の吹付塗装しちゃってる。sweat01
色々、変なところの多い家ですが、これは衝撃。

つうわけで、端材を使って埋めることにしました。
Img_3800_1
穴の直径を図って、正方形に切った後角をのこぎりで落として

Img_3798_1
後は丸くなるようにひたすらヤスリで角をなくす。

そして、コードを通す穴を開けたら、ほら。
Img_3804
周囲をボンドで埋めて、乾くのを待ちます。

乾くとこんな感じ。
Img_3835

今、外壁のペンキ塗りを玄関あたりから進めているので、
後で塗ってやります。

2<虫除けカバー>

これは完全なる気分転換。
でも設計図とかあまり考えずに作ったら、日曜大工が苦手なお父さんが
息子にせがまれて仕方なく作った鳥小屋みたいになっちゃったcoldsweats01
Img_3838

だって、端材でなんとかしようと思ったら、ちょっと足りなくて(言い訳)
裏面はワイヤーで風通しを確保。(笑)
100円ショップでディスプレイ用の網を買ってきて余分を切ってネジで取り付け。

Img_3837
蝶番と、箱を閉じるための金具も100円ショップ。(なんでも揃うね。)

で、玄関に取り付けるとこんな感じ。
Img_3819
ま、いいでしょってことで。

Img_3823

我が家はアルミドアの内側に網戸のドアがあるので、
今くらいの気候ならこんな風にドアを開けておきます。

多分、この網戸のドアは本当は外についてて(外開き)、内側に木製のドアがあったんだろうね。(内開き)
このアルミドアをつける工事の時に、ドアを外開きにしなくちゃならないから、
強引に、内開きで網戸ドアを付け替えてあった感じです。

その2に続く。

« 2017年5月 | トップページ